エアサイクルの家

エアサイクルの家とは、基礎~外壁~屋根までエアサイクルボード(断熱材に空気の通り道が入っているボード)でぐるっと囲う工法で造られた家です。

夏は床下~壁~屋根に風を通して屋根裏から暖かい空気を出すことによって家全体を涼しくします。冬は、通気口を閉じて太陽の熱で温まった屋根の空気を屋根~壁~床下に通して家全体を暖かくします。エアサイクルの家は、地球環境に配慮し、自然の力を利用した「省エネ住宅」です。

床下基礎部分

イメージ画像

基礎の立上り部分に専用の断熱材を型枠替わりに使用します。

壁・屋根の断熱+空気の通り道

イメージ画像

壁の外側・屋根を専用の断熱材で囲います。
壁の外側に施工しますので、断熱材の切れ目が無く断熱効果は抜群です。

  • イメージ画像
  • この裏側の筋が空気の通り道になります。
    夏は涼しい空気・冬は暖かい空気を通して「すごしやすい」快適空間を作ります。

夏のしくみ

  • イメージ画像
  • 熱せられた空気が上昇気流となって小屋裏の換気口から屋外に放出され、床下の換気口から取り込んだ風が由香下空間の涼気ととのみ上昇し壁内部の温度上昇を軽減します。

冬のしくみ

  • イメージ画像
  • 小屋裏と床下の換気口を閉じて冷たい空気の侵入を遮断するとともに断熱気密化された空間を作ります。

ページの先頭へ戻る

高気密高断熱の家

高気密高断熱の家とは、簡単に言うと「魔法瓶」のような構造の家です。
基礎~壁~屋根までぐるっと断熱材で囲うため、冬は暖かく、夏は涼しくなります。

現場硬質発泡ウレタンという断熱効果の高い断熱材を基礎~壁~屋根まで吹き付け、家全体を「魔法瓶」のようにします。

通常の在来工法の家は、床下が湿気ないよう基礎に「風窓」という穴が開けられています。この工法では、床下に外気を入れてしまうと折角断熱した熱が出てしまうため床下に外気は入れません。そのため、床下が湿気て木が腐ってしまうことのないよう、室内の床に通気口を付けて床下に湿気が溜まらずいつでも床下は乾いている構造となっています。

イメージ画像 お問い合わせ先

ページの先頭へ戻る