不動産活用

当社は不動産業の免許を持つ建設会社であり、不動産の活用を検討されている事業主様に対して、事業計画や資金計画の提案だけでなく、設計施工・入居者やテナントの斡旋、物件の維持管理まで、トータルでサーポート可能な体制を有しております。また自社でも不動産の活用を実践していますので、経験と実績に基づいた提案が可能です。

不動産活用例

  • 共同住宅
  • 共同住宅
    土地の活用方法として最も一般的なもので、家賃収入を得るだけでなく、固定資産税の軽減や相続時に評価額を軽減する効果もあります。ただし競合物件が多いので、入居者のニーズに合った仕様の物を適正な価格で建設することが安定した経営を続ける条件です。
  • 戸建貸家
  • 戸建貸家
    賃貸住宅でのトラブルとして、お隣や上下階からの音の問題があります。この問題を解決するために戸建貸家は有効な手段です。また狭い敷地でも建築可能であり、築年数が経過しても入居希望者が多いのも特長です。
  • テナントビル
  • テナントビル
    商業系の地域や幹線道路沿いでは優良なテナントの入居が望めます。内装工事はテナント負担が一般的であり、アパートに比較して投資金額に対する収益率が高いのが特長です。
  • 駐車場
  • 駐車場
    固定資産税や相続時の評価額の軽減にはならないが初期投資額が少なくて済むこと、また更地での活用なので将来の計画変更に対応しやすいのが特長です。
  • 倉庫、工場
  • 倉庫、工場
    工業系の地域では倉庫や工場の需要が見込めます。アパート等に比較し建築単価が低く、収益性が高いのが特長です。
  • 太陽光発電
  • 太陽光発電
    建物の屋根に太陽光発電パネルを設置し、電力会社に電気を売ります。賃貸物件は空室が発生すると収入に影響がでますが、太陽光発電は安定した収入が見込めます。天候に左右され、日毎、月毎で考えると発電量に差がありますが、年間通して考えると一定の発電量が期待できます。

実績店舗マップ

オサコー建設が携わった実績店舗マップです。

イメージマップ お問い合わせ先

ページの先頭へ戻る